運営委員会2



運営委員会2 (分会No.13)

2021年9月4日(土)

第2回運営委員会(理事会)
14:00-16:00
新型コロナウィルスによる緊急事態宣言(8/27-9/12)を受け、月末25日に開催する予定の仙台魯迅研究会発足式の内容と今後の方針について打ち合わせを行いました。

最初に魯迅の孫・周令飛氏、中国駐新潟総領事館孫大剛総領事、中国魯迅研究会、魯迅文化基金会、上海魯迅記念館元館長王錫栄氏などから、本会にお祝いのメッセージを頂いていることをご報告しました。

また、JCFA宮城が実質的に管理する「仙台における魯迅の記録を調べる会」との関係性について、以下の通り確認しました。
1.仙台における魯迅の記録を調べる会を本会の前身とする
2.本会は、仙台での魯迅研究の他、 ① 研究者のネットワーク化、 ② 研究資料の整理と保存、 ③ 学習会の開催等を目的とする
3.過去に仙台における魯迅の記録を調べる会が発表した研究資料(「仙台における魯迅の記録」平凡社,1978年)の著作権はJCFA宮城が保持する
4.JCFA宮城が保管する過去の調査資料については、本会関係者が借りる際に帳簿に記録する
5.本会の運営は中国魯迅研究会、および中国各地にある魯迅研究(学)会を参考にする
6.本会は学術会と同様に、学術研究の発表の場であり、調査資料はすべて発表者に帰属する
7.本会におけるJCFA宮城の地位確保のため、JCFA宮城は本会の理事を定数の1/3以上1/2未満の範囲内で指名できる
8.前号に関して会規に記載する

このほか、本会の最高顧問について、本会の会長または代表を経験した方、またはこれと同等と認められる方に依頼することを確認しました。
初代最高顧問は、渡辺襄氏(JCFA宮城元事務局長、1978年当時「仙台における魯迅の記録を調べる会」事務局員)が就任しました。会長(名誉職)は不在。監事は、JCFA宮城副会長の高橋礼二郎氏が就任しました。

出席者:渡辺襄最高顧問(新任)、高橋礼二郎監事(新任)、車田敦代表、佐藤弘康事務局長、以上4名

運営委員会2




会場:JCFA宮城 
宮城県仙台市青葉区米ケ袋1丁目2-6 米ケ袋ビル402
  • 会場写真


発足式(分会No.14)
 ・・・2021年9月25日

運営委員会2(分会No.13)
 ・・・2021年9月4日

不再戦平和(分会No.12)
 ・・・2021年8月13日

運営委員会1(分会No.11)
 ・・・2021年6月6日

準備委員会10(分会No.10)
 ・・・2021年1月30日

準備委員会9(分会No.9)
 ・・・2020年12月11日

準備委員会8(分会No.8)
 ・・・2020年11月7日

準備委員会7(分会No.7)
 ・・・2020年10月10日

準備委員会6(分会No.6)
 ・・・2020年8月15日

準備委員会5(分会No.5)
 ・・・2020年7月4日

準備委員会4(分会No.4)
 ・・・2020年6月20日

準備委員会3(分会No.3)
 ・・・2020年2月11日

準備委員会2(分会No.2)
 ・・・2019年9月19日

準備委員会1(分会No.1)
 ・・・2019年8月17日

仙台魯迅研究会

本会は、仙台における魯迅の記録調査のほか、研究者のネットワーク化、研究資料の整理と保存、学習会の開催などの活動を行っています。
  1. ≪外部リンク≫
  1. WEBシステム: 瑞京合同会社
ページトップに戻る

HOMEイベント情報団体情報会員募集